意外とお手頃!ウォーターサーバーで毎日おいしい水と暮らそう!

月々のランニングコストをざっと計算してみた


ウォーターサーバーが気になるけれど、費用のことが心配で、あきらめている人いませんか?世間一般で思われているよりも、ウォーターサーバーの実際にかかる費用は、ずっと安くすむことが多いんです。 月々発生する費用には、水の代金と宅配料金、サーバーのレンタル料などがあります。この他にも、電気代やメンテナンス費用もあるにはあるのですが、ほとんど無視できるほどなので、ランニングコストの大半を占めている水の代金と宅配料金、サーバーのレンタル料が、だいたいどれくらいかかるものなのかを見ていきましょう。 親二人子供二人の平均的な家庭では、毎月12リットル入のボトルを3本程度消費するとされています。ボトル1本につき、安いものだと千円前後ですから、水の代金が約3千円かかる計算です。


image

サーバーを安くレンタルする方法あり


上の計算は、あくまで四人家族の平均であって、夫婦二人や一人暮らしの人なら、その半分以下になることも珍しくはないでしょう。 次に、水を毎月自宅まで届けてもらうのにかかる宅配料金ですが、定期的にお水をオーダーしている家庭には、無料で届けてくれるメーカーも増えています。また、送料無料キャンペーンを利用すると、無料で届けてもらえます。そうすると、実質的に宅配料金をゼロにすることだって不可能ではないんですね。 サーバーのレンタル料金は、毎月千円前後かかります。イオン発生装置がついたり、放射能を除去する装置がついている高機能サーバーは、レンタル料も高くなります。しかし、機能をしぼって、本当に必要な機能がついたサーバーを選ぶと、毎月数百円でレンタルすることも可能です。